気持ちいいセックスの仕方ガイド・薔薇雑貨

若者のセックスを考える

 

 

現代の若者が早熟であること、そして親や曽祖父がまだセックスのことなど考えなかった頃の年代で、あるいは少なくともまだ積極的にセックスをする勇気が無かった年齢ですでに性体験を重ねているとうことは疑いようのない事実である。

 

若者のセックス

だから現代の若者たちにとってセックスはとても重要なことだと言える。

 

 

そう思ってしまうかもしれませんが、少なくとも、低年齢の若者の実態は全く違っています。

 

ドイツでは青少年を対象として、恋愛とセックスについて調査した結果があります。

 

それによると、14歳から15歳の大多数にとっては、いちゃついたり、キスしたりする方が、オナニーやペッティング、あるいはセックス自体よりもはるかに重要なのです。

 

 

もっとも、男女での差はかなりあります。多くの女の子は優しい触れ合いを一番大切に思っていているのに対して、男の子は最初から、セックスが目的で、オナニーもかなり重視しています。

 

 

ところが16歳になると、変化が生じ、ペッティングに関心の中心がなります。セックスが最重要になるのは17歳になってからのことなのです。

 

しかし、若い時期にセックスすることで、避妊への知識不足から、望まない妊娠に至るケースが数多く、保護者たちの監督も必要だと思われます。